パリ/ Paris PR

【フランス】初めてでも大丈夫!パリからマルセイユへの行き方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
かもさん

パリからマルセイユへ足を伸ばしてみたいけど行き方がわからない。初めてでも大丈夫な行き方を知りたいな!

今回はこんな不安を解決するため、フランスのマルセイユへ、パリからいくのが初めてな方でも大丈夫なように解説しています。マルセイユはフランス第三の都市で、港で有名ですね!

フランスはいくら英語が通じるとはいっても、そもそも私たちの英語が不安なことも。そして駅にもフランス語がたくさん。こんな不安も解決していきます。

ということで、今回はパリからマルセイユへの行き方を解説です。

やっぱりおすすめはTGV

パリからマルセイユへ初めて、あるいは早くいきたい場合は、フランス国鉄(SNCF)が運営するTGV(テージェヴェー)がおすすめです。パリからマルセイユまでTGVで約3時間です。

高速鉄道TGVの先頭車両

日本で言う新幹線に相当し、フランスの都市間を高速で結んでいます。新幹線の競合相手ですね!韓国のKTXはこのTGVが輸出されたものです。

このTGVを利用することによって楽に簡単にパリから都市へ移動することができます。飛行機と違って空港から都市への長い移動はいらないので良いですね。TGVの予約はフランス語がメインになってきますが、不安な方は日本語で予約する方法があるので、それを以下で紹介します。

TGVをレイルヨーロッパで楽々事前予約

TGVは事前にしっかりと予約することで安く確実に乗ることが可能になります。その際問題になるのが、言語ですよね。

その言語の問題はレイルヨーロッパが解決してくれます。レイルヨーロッパを利用することによって、日本語でチケットを予約することができ、発券の説明も日本語であり、かなり楽になります。

レイルヨーロッパの検索画面

予約は簡単でレイルヨーロッパにアクセスし、出発地、目的地を日本語で入力し、日程も選択します。後は最後に人数を入力。簡単!

検索すると、その日に乗ることができるTGVの候補がいくつか表示されるので、選んで決済という流れです。時間帯によって値段が若干異なります。また決済ではJCBが使えます

レイルヨーロッパは以前はチケットの配達もありましたが、手数料が高いのもあってか最近はEチケットとなりました。Eチケットの使い方は以下です。

乗車までの流れ

Eチケットを印刷する

Eチケットがメールにて送信されてきます。そのメールにあるPDFを印刷して、そのまま乗車することができます。

もし家や出先で印刷することができなかった場合、駅でも発券をすることができます

駅に券売機があるので、イギリス国旗で【英語】を選択し、 【Collect a booking】 より予約番号、名字を入力することで発券できます。予約番号は必ず控えるようにしてください。

いざ乗車

当日は一応30分前に駅につくことが推奨されています。結構TGVは長いので、予約席によっては端まで歩くことになることも。余裕は持っておきたいですね。

また主要な駅では改札機があったり、駅員さんがチケットを確認することがあります。改札はコードをかざすと入ることができます。

チケットをかざす改札ゲート

乗車後でも、車掌さんにチケットの確認されることがほとんどです。車掌さんがきたらチケットを見せてください。それだけでOK!

最後に

今回は、パリからマルセイユに初めて移動する方でも大丈夫なTGVと、そのTGVを日本語で予約することができるレイルヨーロッパの紹介でした。

レイルヨーロッパでは、Q&Aも充実しています。不安なものがある場合、ここから解決方法を探すのもおすすめです。

それでは、マルセイユの旅もTGVで楽しんできてくださいね!

フランスで鉄道をよく利用するならユーレイルパス

フランスはヘキサゴン(六角形)の国と呼ばれることもあり、細長い日本に比べ、鉄道での移動が便利な国です。

都市間が離れているフランスを素早く結んでくれるのがフランス国鉄の運営するTGV。フランスを満喫するならこのTGVの利用は必須です。

そこで、このTGVをよく利用する方におすすめなのが、外国人しか購入できない乗り放題チケット「ユーレイルパス」!

このユーレイルパスを利用することで、日本でいう新幹線に相当するTGVや、ローカル線のTERが乗り放題に!

実は、パリから地方都市への日帰りを考えている場合や、1日何回もTGVに乗る場合は、ユーレイルパスを利用する方が安くなることが多いです。またユース(27歳以下)やシニア(60歳以上)はもっと安く購入することもできてしまいます。

車、ホテル、美術館の割引などの特典もついてくるので、さらにお得に旅行することが可能です。

パリだけではないフランス。パリ以外の街に行こうと考えている方は、ぜひユーレイルパスの利用でお得に旅行してみてください!

 

kitokito
京都在住のkitokitoです。フランスのリヨン、ストラスブール、またドイツのフライブルクの在住歴あり。地理ネタや旅、写真が大好きで、ヨーロッパや京都でよく写真を取りに出かけています。 かもは食べてしまいたいほど愛しているので、当ブログには頻繁に出演してもらっています。笑
\ Follow me /